>  > NGK [2849] *1台分4本セット* スパークプラグ(標準タイプ) BKR6EKPA * スバル サンバー 660cc TT1/TT2/TV1/TV2(赤帽車) EN07(スーパーチャジャー) 平成13年8月~15年11月

JavaでURLエンコード/デコードする方法と注意点

投稿者 : OSCA

初心者でも参加できる「WEBエンジニア勉強会 #13」(東京都,渋谷)、05月24日(金) に開催! 詳しくはイベント詳細ページをご覧ください。

 本稿では Java 言語を用いて文字列をURLエンコード/デコードする方法について解説します。 また URL エンコードにおける注意点についても解説します 。

NGK [2849] L747D) *1台分4本セット* スパークプラグ(標準タイプ) CVM BKR6EKPA * スバル サンバー 660cc TT1/TT2/TV1/TV2(赤帽車) EN07(スーパーチャジャー) 平成13年8月~15年11月

 まずは Java で利用できる主な URL エンコードクラスを整理します [ENDLESS] エンドレス ブレーキパッド タイプR フロント用 メルセデスベンツ W245 B180 245232 08/8~。 次の2つから選択すれば良いでしょう。

  1. java.net.URLEncoder / URLDecoder (Java標準)
  2. Apache Commons Codec の URLCodec クラス

java.net.URLEncoder / URLDecoder を利用する例

 Java 標準の java.net.URLEncoder と java.net.URLDecoder を利用する場合は、次のようにプログラムを書きます ■LED H4 Hi lo■8000lm 3COB■Hi/ Lo■オーパ H12.5~14.7 ZCT10.15.ACT ヘッド■。

String target = "テストメッセージ";

// エンコードの例
String encodedResult = URLEncoder.encode(target, "UTF-8");
System.out.println("エンコード結果:" + encodedResult);

// デコードの例
String decodedResult = URLDecoder.decode(encodedResult, "UTF-8");
System.out.println("デコード結果:" + decodedResult);

実行結果は次の通りです。

エンコード結果:%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8
デコード結果:テストメッセージ

Apache Commons Codec の URLCodec を利用する例

 Apache Commons Codec の URLCodec クラスを利用する場合は、次のようにプログラムを書きます。

URLCodec codec = new URLCodec("UTF-8");
String target = "テストメッセージ";

// エンコードの例
String encodedResult = codec.encode(target, "UTF-8");
System.out.println("エンコード結果:" + encodedResult);

// デコードの例
String decodedResult = codec.decode(encodedResult, "UTF-8");
System.out.println("デコード結果:" + decodedResult);

実行結果は次の通りです。

エンコード結果:%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8
デコード結果:テストメッセージ

どちらを利用するか?

 筆者の見解としては、Apache Commons Codec の URLCodec を利用する方が経験上は良いかな思っています。 理由としては次のことがあります WINMAX(ウインマックス)ブレーキパッド ARMA ストリート AT2 ニッサン シーマ FGY33 フロント用。

  • Shift_JIS などの文字コードの URL エンコード/デコードが正しく処理できる。
    (Java 標準の URLEncoder, URLDecoder で Shift_JIS の文字列が上手く処理できない問題はググるとたくさん出てくる)

URLエンコードには落とし穴があるぞ!

 さて、実はここが本題です。 開発者の間で「このパラメータは、URLエンコードしてね」と意思疎通をとったつもりでも、いざ動かしてみると問題が発生する「落とし穴」があります。 ここではその「落とし穴」について掘り下げてみようと思います ☆BOSCH・eXchangeリビルト・国産車用スターター☆代表純正品番:【三菱】MD180238代表他社品番:【三菱】M2T44081BOSCH品番:0986JR11669UB※コア返却必須です。

 URL エンコードにも様々な”方言”があります。 方言の違いにより、メッセージが上手く解釈されない場合があります。 Java 言語でのURLエンコード処理では「*」「-」「_」の3つの記号が変換されません。 また、半角スペースは「+」に置き換わります。 これは不具合という訳ではなく、そういうルールのURLエンコードなのです。 URLDecoder についてもその仕様に則ってデコードします。

 構築するシステム全体がこのルールに則っていれば何ら問題は発生しませんが、問題が生じやすいのは開発言語をまたいで URL エンコードされた文字列を処理する場合です。 例えば JavaScript の URL エンコード処理では、半角スペースは「%20」に置き換わります。 また JavaScript の encodeURI 関数では「;/?:@&=+$-_!~*.,()#’」の記号がエンコードされません。 フロントサイドに JavaScript を多用する昨今、JavaScript で生成したエンコード文字列を Java で処理する、またその逆の場合においても、エンコード/デコードが上手くいかなくなることは、良く起こりがちな問題です。

 環境や言語を踏まえて、設計の段階でどのURLエンコードルールに合わせるのかを明確にしておくことが重要です。

おわりに

 本稿では Java 言語における URL エンコードについて解説しました。 後半で述べた「落とし穴」にハマらないように注意して設計をしてください スタッドレスタイヤ 1本のみ ルッチーニ TORMENTA-X 215/65R16インチ 送料無料Aa アルファード エリシオン。

Java環境構築へ戻る

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-67548